くらもと古本市vol6

booktop6

くらもと古本市の 新着情報

Movie

about

くらもと古本市について


about_img
日本酒の老舗酒蔵五つを会場に、20店舗以上の書店やコーヒーショップなどが出店。古本、新刊、リトルプレス、日本各地の書店から個性あるセレクトの本が並びます。一般の書店ではあまり扱ってない、普段手にとって読むことがなかなか難しい本だけを集めた会場も。
訪れる人によって様々な楽しみ方のできるブックイベントです。。
会期  2015年11月11日(水) 〜 11月18日(水)
時間  10:00 〜 17:00
会場  諏訪五蔵 信州舞姫/麗人/本金/横笛/真澄
中央本線上諏訪駅徒歩10分 入場無料

出店一覧
NABO / the place / mountain bookcase + 春光堂書店 / ことば屋 / えほんやるすばんばんするかいしゃ / 古書ウサギノフクシュウ / まるさんかくしかく堂 / ハナメガネ商会 / 邯鄲堂 / バリューブックス / 栞日

お問い合わせ
株式会社バリューブックスくらもと古本市係
0268-75-9377 / event-info@value-books.jp

協賛
2015kyosan

運営
くらもと古本市実行委員会

location

諏訪五蔵


「 本を読む、という楽しみ」

古本、新刊、コーヒーとおやつの出店
小説を読む、アートブックをめくる、レシピを見て、料理を作る。 ひとことで「本を読む」といっても、本には色々な読み方があります。 真澄会場では、様々な本の読み方が楽しめるような、絵本からアートブックまで、多彩なジャンルの本の出店者さんが並びます。 毎日日替わりで、コーヒーとおやつの出店も。コーヒー片手にくつろぐ時間を、酒蔵で。

[出店] NABO / the place / mountain bookcase + 春光堂書店 / ことば屋 / えほんやるすばんばんするかいしゃ / 古書ウサギノフクシュウ
真澄 宮坂醸造
長野県諏訪市元町1-16 0266-52-6161 http://www.masumi.co.jp

「じわじわ来る、行ってみたくなる古本屋」

古本いろいろ
長野の新しくできた本屋さんから、栃木、鳥取まで! 遠くて普段なかなか行けないような本屋さんが出店します。 セレクトした人や並べ方が違うだけで見え方が違ってくるというのも本の面白いところ。 並んだ本を見ていると、店主の人柄がなんだか見えて来るような、そんな「じわじわ来る」本の会場です。

[出店] まるさんかくしかく堂 / ハナメガネ商会 / 邯鄲堂 / バリューブックス / …and more! 長野県諏訪市諏訪2-3-6 0266-52-0108 http://www.yokobue.co.jp

「小さな出版社、広がる世界」

少部数の出版物
長野県松本市に拠点を持つ、主にリトルプレスを扱う本屋「栞日」店主、菊地さんコーディネートによる「小出版」だけを揃えた会場です。 小出版とは、文字通り少部数の出版物のこと。あまり知られてはいないけど、指で数えられるくらいの数の本しか出していない出版社さん、個人で出している本はけっこうあって、その中でも菊地さんが選ぶ本たちはどれも、散歩の途中に見つけた花や、森で拾った美しい枝のように埋もれがちな美しさと発見した喜びに満ちていて、心地いい。

[出店] 栞日
信州舞姫 株式会社舞姫
長野県諏訪市諏訪2-9-25 0266-52-0078 http://www.maihime.co.jp

「三百圓書店」

三百円均一の古本
コイン三枚のパラダイス。古本好きにはたまらない、掘り出し物探し。コイン3枚で見つかるあんな本やこんな本、とても300円とは思えない魅力的なラインナップでみなさんをお待ちしています。

[出店] バリューブックス
麗人 麗人酒造
長野県諏訪市諏訪2-9-21 0266-52-3121 http://www.reijin.com

「酒の本、あります」

酒にまつわる本
酒と本は不思議と相性がよくて、どちらも暮らしをちょっとだけ楽しくします。ガイドブックから、酒好きの作家の作品、酒の漫画、酒のエッセイまで。お酒と本の意外な組み合わせが楽しめる会場です。

[出店] バリューブックス
本金 酒ぬのや本金酒造
長野県諏訪市諏訪2-8-21 0266-58-0161 http://honkin.net
※お車でお越しの際には各酒蔵に併設の駐車場および上諏訪駅周辺の駐車場をご利用ください。 ※会場となる酒蔵は徒歩5分ほどの範囲に集まっております。 ※徒歩による会場移動をおすすめしております。
TALK EVENT

「カフェから生まれた小説本」

影山知明(クルミド出版)×古川誠(OZ magazine)
聞き手:菊地徹(栞日)

西国分寺のカフェ、クルミドコーヒー店主でありながら小さな出版社「クルミド出版」代表も務める影山さんと、日常を丁寧に伝える雑誌「OZ magazine」編集長古川さんに おふたりが10月末に出版される本についてや、小出版についてのことなどお伺いします。

日時:11.18 [水] 15:00 – 17:00
定員:20名
料金:1,000円
予約:nabo.books@gmail.com

※ご予約の際は、メールタイトル「くらもと古本市トークイベント予約」とご記入の上、参加される方全員分の「氏名」、当日連絡がつく「電話番号」をお知らせください。